ロケットリーグ運営会社のPsyonixから、300,000ドルのスプリングシリーズが新登場

コロナウイルスの発生がほとんどの主要なeスポーツイベントに影響を与えていることから、Psyonixはオンラインフォーマットに移行し、シーズンナイン世界選手権のキャンセル後も、競争の激しいロケットリーグシーンを維持しています。

4月から、ロケットリーグの 4つの主要地域のチームは、5月中旬まで開催される$ 300,000のトーナメントである新しいロケットリーグ スプリングシリーズのオープニング予選に参加できます。

これは、開発者が進行中のパンデミックの間に競争の激しいシーンを実行し続けることのできる質の高いオンラインリージョナルを提供することを約束した後、Psyonixが取り組んでいるいくつかのオンライントーナメントの最初です。スプリングシリーズは、今後のイベントのテスト会場となるため、標準のRLCSブロードキャストにはなかった実験的なものを期待してください。

オープン予選は、主要なRLCS地域ごとに異なるタイムラインで実行されます。南アメリカは4月14日に開始し、ヨーロッパは5月6日に終了します。スケジュールはオンラインであるため、実際にはすべての地域でかなり厳しいものになります。しかしながら。

各地域のオープン予選とプレーオフは1週間弱になりますが、賞金プールの内訳、トーナメントの日付、形式など、イベントに関する合計は以下のとおりです。

賞金プール

ヨーロッパ:125,000ドル
北米:125,000ドル
オセアニア:50,000ドル
南アメリカ:$ 50,000

フォーマット

地域トーナメントごとに合計8チーム
各地域のSeason Nine Regional Championshipの上位4チームは、自動的に予選し、優先的にシードされます。
残りの4つのスポットは、各トーナメントの前に開催されたオープン予選で埋められます
各トーナメントは、2日間のアクションで行われるダブルエリミネーションブラケットを特徴とします
敗者のブラケット決勝、勝者のブラケット決勝、グランドファイナルを除いて、すべての試合はベスト5になります。

スケジュール

南アメリカ:4月14〜15日にオープン予選、4月18〜19日にスプリングシリーズ
北米:4月21〜22日にオープン予選、4月25〜26日にスプリングシリーズ
オセアニア:4月28日〜29日は予選、5月2〜3日はスプリングシリーズ
ヨーロッパ:5月5日〜6日にオープン予選、5月9〜10日にはスプリングシリーズ
スプリングシリーズはすべて、Rocket League TwitchまたはYouTubeチャンネルでライブで視聴できます。予選の試合は、Psyonixではなく、プレーヤーが個別にストリーミングしています。チームはSmash.ggでコンテストにサインアップできます。すべてのオープン予選チームは少なくとも2つの試合を保証します。

https://dotesports.com/