Garena Free Fireという一部で人気沸騰中の人気バトルロワイヤル

最近まで、ゲームが文化的現象になったインドのような国では「モバイルエスポート」および「バトルロイヤル」という用語は、最近まではPUBG MOBILEと同義語として使用されていました。

しかし、世界の景色を見るためにズームアウトすると、Garena Free Fire(Free Fire) は2019年に「最も人気のあるモバイルeスポーツ」のタイトルを世に知らしめ、2Mユーザーを超えるピーク同時視聴を引き付けるトーナメントサーキットを誇っています。

ここでは、eスポーツレーダーの下で飛躍的に成長している急成長中のモバイルゲームを詳しく見ていきます。

Free Fireってどんなゲーム?

Free Fireは、AndroidおよびiOSデバイス向けにGarena社が開発および公開したバトルロワイヤルゲームです。

他のバトルロイヤルとの主な差別化要因の1つは、より広範なスマートフォンデバイスで実行できることです。

PUBG Mobileは、2 GB未満のRAMを搭載したスマートフォンでの使用は推奨されませんが、Free Fireは1GB以上のRAMを搭載したデバイスで再生できます。ローエンドデバイス向けのこの最適化は、ゲームの小さいファイルサイズと相まって、新興市場向けにカスタマイズされたPUBG Mobileの代替として位置付けられました。

市場規模について

2年前のゲームの発売以来、10 億米ドル以上の収益を上げており、アプリケーションマーケットインテリジェンスと洞察のWebサイトSensor Towerによると、2019年9月のインドの収益で2位にランクされています。

ゲームの登録ユーザーは4億5,000万人を超え、2019年5月時点で1日のアクティブユーザー数は5千万人を超えています。このゲームは特にインドブラジルインドネシアで人気があること。

さらにNiko Partnersのアナリストであるダニエルアフマド氏は、2019年の第3四半期に東南アジアおよびラテンアメリカで最も売り上げが伸びたゲームであると述べました。

新興市場向けに売り出された戦略とマッチしており、今後も市場規模は拡大傾向にあります。

https://esportsobserver.com